Q&A

お薬Q&A

お薬の服用について

「食間」と指示のあるものは、いつ飲めば良いのですか?

「食間」とは、食事をとってから約2時間が経過した時間を指します。食事と食事の間のことですので、食事中に服用するという意味ではありません。服用時間はお薬の性質に基づき決められおり、定められた時間に飲まないと効果に影響を及ぼすことがありますので、指示のとおりきちんと服用するようにしてください。

食前 食事の約30分から1時間前
食直前 食事のすぐ前
食直後 食事のすぐ後
食後 食事の後、約30分以内
食間 食事の後約2時間後
就寝前 寝る直前、または30分~1時間前
食事が不規則で1日3回食べられないのですが、お薬は3回飲まないといけませんか?

1日3回毎食後と指示のあるお薬は、一般的には食事をしてなくても3回飲むほうが良いとされています。食後に服用と薬袋に書いてあったため、食事をしなかったのでお薬を飲んではいけないという考えは間違いです。糖尿病など食事で血糖が上がるのを調節するお薬などを除いて、ほとんどのお薬は食事をしなくても服用することが可能です。お薬によっては良くないケースもあるため食事や生活のパターンが不規則な方は、お薬を受け取る際、調剤薬局窓口の薬剤師にご相談ください。

お薬を水以外で飲んでも良いのですか?

お薬と相性の悪い飲み物もありますので、水または湯冷ましで飲むのが原則です。
また最近はお茶で飲んでも問題ないとされています。

お酒
アルコールは、多くのお薬と相互作用を起こしやすい飲み物です。一般的にはお薬の肝臓での代謝が抑制され、お薬の効き目に影響を及ぼしたり、副作用が強く出ることがあります。睡眠薬や血糖降下剤は特に注意が必要です。

牛乳
一部の抗生物質、便秘薬などでは牛乳に含まれるカルシウムと結合して吸収されにくくなり、お薬の効き目が弱くなることがあります。

コーヒー・栄養ドリンク剤
これらの飲み物はカフェインを含んでいます。市販の風邪薬などにもカフェインが含まれており、飲み物とお薬のカフェインが重なって頭痛やイライラが出ることがあります。

グレープフルーツジュース
グレープフルーツに含まれる成分がお薬の代謝酵素の働きを阻害します。その結果、お薬の種類によってはお薬の効き目に影響を与えることがあります。

調剤薬局で処方されたお薬を、市販の風邪薬と一緒に飲んでもかまわないですか?

処方されているお薬によりますので、一度薬剤師に、ご相談ください。又、風邪で受診している場合、同じような効果の成分が入っている場合がありますので、一緒に飲まないほうがいいでしょう。

調剤薬局の利用について

薬局であれば、どこでも調剤をしてもらうことができますか?

くすり屋さんには、薬局と薬店があります。「保険薬局」「保険調剤」「処方せん受付」などの表示のある薬局であれば、どこでも調剤してもらえます。薬店では、調剤できませんのでご注意ください。お好きな薬局に処方せんをお持ちいただけるので、かかりつけ薬局を作っておかれると便利でしょう。

処方せんは、代理の者が持って行っても調剤できるのでしょうか?

処方せんがあれば、ご本人でなくても大丈夫です。患者さんはお宅でお休みになり、ご家族の方などが処方せんをお持ちになっても、調剤することは可能です。その場合「お薬手帳」を一緒に持って行かれると安全にお薬を調剤できますのでご活用ください。

調剤してもらったお薬以外に関しても、飲み合わせなどの相談はできますか?

はい。お薬を安心して使っていただくために、使用方法・薬効・保管方法・副作用など、充分に説明いたします。お薬について疑問がありましたら、薬局の薬剤師になんでもおたずね下さい。

ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品とはどういうお薬ですか?

医療用医薬品には、先発医薬品とジェネリック医薬品の2種類があります。先発医薬品は日本で最初に発売される医薬品で、発売後一定の独占販売期間が認められています。一方、ジェネリック医薬品は先発医薬品の特許期間満了後に同じ成分で製造販売される医薬品のことです。開発費用が安く抑えられるため、先発医薬品に比べ安価です。先発医薬品の後から発売されますので、「後発医薬品」とも呼ばれています。

ジェネリック医薬品の効き目や安全性は、先発医薬品と同じですか?

ジェネリック医薬品は、先発医薬品同様に薬機法に定められた厳しい規制や基準を守って製造されています。また、ジェネリック医薬品の成分は既に先発医薬品として多くの患者さまに使用され有効性や安全性が確認されていますので、先発医薬品とほぼ同じと言えます。特許期間中に多くの患者さんに使用され、その有効成分の効能・効果や安全性が十分に確認されている先発医薬品と同じ有効成分で開発・製造されるお薬がジェネリック医薬品です。またジェネリック医薬品は、新薬との同等性を確認する試験(生物学的同等性試験)が行われ、適合してはじめて発売することができます。

ジェネリック医薬品に変更できない場合もありますか?

処方せんのお薬の名前の左横にチェックがあり、処方せん右下の『署名又は記名・押印』欄に医師の署名があると変更できません。また、ジェネリック医薬品のない新薬やお薬の種類によっては、ジェネリック医薬品に変更できないことがあります。

ページの先頭へ戻る